丹波竜 丹波市の取り組み

  • 2007/07/05(木) 12:10:26

 兵庫県丹波市で見つかったティタノサウルス類は脳函の化石も見つかり、ますます全身骨格発掘の期待が高まっているが、丹波市では「恐竜を活かしたまちづくり課」を発足させ、丹波竜での町おこしに取り組んでいる。恐竜化石パンフレットを作成し、発掘現場や市役所等で配布するほか、PDF書類で丹波市のサイトからもダウンロードが出来る。
 また丹波竜.comと言うサイトを立ち上げ、丹波竜に関する情報を提供している。
 丹波市は2004年11月1日に旧氷上郡6町(氷上町、柏原町、青垣町、春日町、山南町、市島町)が合併し、新設された市で、全国的な知名度は低いが、この恐竜の発見をきっかけに知名度を上げようと躍起になっている感じがする。福井県勝山市のように恐竜博物館でも作れば観光客も多少は増加するだろうが、恐竜の町というだけではどうだろうか。うまいことやらないと多額の予算を使っても、何の成果も上がらなかったとなるのがオチだ。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する