地上絵クスッ

  • 2007/06/16(土) 15:12:56

モクスペの「ガリレオの遺伝子」をちらり見たら、某盗作漫画家兼オカルトライターが出ていた。マリックばりのでっかいグラサンを掛けていたが、全く似合っていないので笑ってしまった。胡散臭い爺さんと一緒に出演し、飛鳥地方には1000年以上前に作られた巨大地上絵があるという主張をしていた。胡散臭い爺さんはその時は誰かわからなかったのだが、後で番組のサイトを見ると山上智であることがわかった。あれぇー、二人は喧嘩別れしたんじゃなかったのか。以前は聖徳太子に関するトンデモ本を仲良く共著していたりしたのだが‥‥。この山上という人も唐沢俊一さんの本で批判されている問題が多い人らしいから。まあ類は友を呼ぶということなのだろう。
 ナスカ、あ!違った飛鳥の地上絵というのは、奈良にある春日神社と言う名前の神社を線で結ぶと、巨大な兵士の地上絵が現れるというものだが、こんなもの地上絵でも何でもなく、ただの妄想に過ぎない。恣意的に点をつなげれば、何でも作ることが出来る。地上絵というのは少なくとも、ナスカの地上絵のように目視できるものではならない。目視も出来ないものが何で絵なのだろうか。これで自称漫画家なのだから呆れかえるね。ほんと。
 こんな糞番組に名前を使われるガリレオ・ガリレイもあの世で嘆いていることだろう。ガリレオ・ガリレイは立派な科学者だったが、こいつらは科学のかの字も知らない無知蒙昧な人間なんだから。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する