空美夕日卒業公演(仮)

  • 2014/06/04(水) 10:54:52

研究生公演が実施されなくなって、研究生の卒業セレモニーを行う場所がなくなってしまった。そんな中、5/31の握手会を最後に卒業して行く6期生の空美夕日にどのような形でセレモニーの場所が提供されるか注目されていた。ファンの希望は研究生公演の復活であったし、終身名誉研究生兼AKBグループ研究生会会長の松村香織も公演復活の方向で運営と交渉していたがかなえられず、多分、最後の握手会でセレモニーを行うことになったと思われる。
だが、AKBの握手会でメンバーが襲撃されて、メンバーとスタッフが負傷する事件が起こり、握手会が延期になる事態が起きてしまった。
NMBは握手会が中止になったところに急遽公演を入れてきた。元々握手会でメンバーのスケジュールは押さえてあるわけだから、スタッフが確保できれば、公演の開催は可能だ。
SKEも同じように公演を開催することを期待されたが、運営は何も動かずに公演が開催されることはなかった。
これで、空美夕日の卒業セレモニーは行われないままで、空美夕日は卒業するものと思われた。
今までに、三人の6期生が卒業セレモニーをすることなく、SKEを去っている。そのうち二人は公演に出ることもなく、活動辞退しているので、卒業セレモニーは当然のごとくなかったし、もう一人は明らかに円満な辞め方をしていないので卒業セレモニーはなかった。今回の空美夕日のケースは運営側の都合なのだから、運営がなんらかの代替措置を講じるべきなのだが、なんら動くこともなかった。
そんな時に動いたのは、空美夕日と一緒に公演で汗を流した研究生の仲間たちだった。現在の研究生はもちろん、大組閣で昇格した元研究生も、S公演があった綾巴と李苑以外全員がレッスン場に集結して、空美夕日を送るための疑似公演をを開催した。その中には、手首の骨折で休演中の熊崎晴香の姿もあり、4月で卒業した折戸愛彩が特別参加していた。卒業記念品(お菓子!)のプレゼンターとしてサプライズで登場したのは、これも3月で卒業した山本由香だった。犬塚あさなのGoogle+によると、やはり研究生公演で一緒に汗を流した、日置実希と矢野杏月も参加したがったけれど、どうしてもスケジュールが合わずに断念したとのこと。
今回のことの首謀者である松村香織はカメラマンに徹し、編集作業の後、Google+にアップロードした。そのおかげで、ファンはこの卒業公演(仮)を目にすることができた。
運営が何もしなかったおかげで、この手作りで衣装はレッスン着、チープだけれど素晴らしい卒業公演を見ることができた。けれど、それで済ませてはいけないことだと思う。
絶対運営がやらなければいけないことを、メンバーがやっている。これは異常なことなんだ。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する