古代の宇宙人 #45 恐竜絶滅の謎

  • 2013/04/03(水) 00:18:42

CSのヒストリーチャンネルで「古代の宇宙人」というのを放送している。まあ、あちら側の人達が、例によっていろいろな歴史的な事柄を宇宙人のやったことにしたがるという番組なのだが、今日4/2に「#45 恐竜絶滅の謎」というのが放送されていた。今は、シーズン4ということで、調べてみたらアメリカでは2012年に放送されたもので、それほどタイムラグはないようだが、内容から見ると10年ぐらい前のものなのではないかと思えるほどお粗末であった取り上げられたものは「パラキシー川の足跡」や「イカの石(カブレラストーン)」「アンコールワットのステゴサウルスのレリーフ」。「パラキシー川の足跡」や「イカの石(カブレラストーン)」はもはやインチキであることがわかっているものであり、「アンコールワットのステゴサウルスのレリーフ」にしても、たしかに背中の皮骨板のように見える菱型が彫られているけれど、頭部はステゴサウルスとは違って大きいし、ツノらしきものもあるし、またよく見ると皮骨板らしきもの体から離れている。ステゴサウルス? 拾った画像を貼っておくので判断してほしい。
 恐竜絶滅の原因と言われる隕石が落ちたユカタン半島にマヤ文明が勃ったのは偶然だろうか?宇宙人が介在していたのではないかなどといっていたが、マヤ文明は隕石の衝突でできたセノーテにより恩恵を被っていたことは間違いないから偶然ではないだろう。また隕石は宇宙人が恐竜を滅ぼすための兵器だったとか、隕石ではなく核兵器だったなどというそれはお前の妄想だろうという発言が相次ぐ。核兵器で恐竜が滅んだ証拠に博物館に展示されている恐竜の化石からは放射線が出ているので、それを防ぐために鉛の混じった塗料が塗られているという発言が出てきて、失笑を禁じえなかった。この人は博物館に展示してある恐竜の化石が本物だと思っているらしい。まあ、中には純骨もあるけれど、殆どの場合はシリコーンや石膏で型取りした樹脂製の複製品が展示してあるのである。貴重な化石を破損、盗難の恐れのある展示室に置くほど馬鹿ではないし、ましてや塗料なんか塗るわけがないのだ。当然樹脂は樹脂の色をしているわけだから、本物の化石っぽくするためには着色しなければならない。その着色に用いられた塗料に鉛が混じっていただけなのだ。数年前に中国で生産された玩具に鉛が混じっていたと問題になったことがある。今は環境問題とか健康問題がやかましいから鉛を含んだ塗料は少なくなっているが、昔は普通にあったものなのだ。だから、博物館にある恐竜化石レプリカの塗料に鉛が含まれていたとしても何も不思議もない。だいたい鉛を含んだ塗料ごときで放射線が遮断できるなら、我々はこんなに苦労はしていないのだ。
で、年代測定の話は例によってC14を持ち出してくる。恐竜化石の年代なんてC14では測定出来ませんから。
シーラカンスが生き残っているのは、宇宙人が保護したのちに、放流したからだ、爬虫類なのに絶滅せずに生き残っているワニやカメも同様だって、新手のノアの箱舟かよと言いたくなる。
ヒストリーチャンネルは結構良い歴史番組を作るのになんでこんな非科学的な番組を作るのだろう。この番組のおかげで他の番組も胡散臭くなるのがわからないのだろうか

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

恐竜の現在の想像図と大恐竜絶滅の謎

うつぎれいと申します。

ウチのページにぜひ遊びにいらして下さい。

チュチュルブ層に生物化石が一切含まれていない・・・ということを改めて考えてみれば、宇宙人関与説は必ずしも無視できないと思います。
食物連鎖や栄養系が崩壊してる筈の過酷な環境下でのその後の生物の爆発的な放散現象が、実験室でのシャーレの煮沸洗浄後の新たな寒天培地と、そこへの有望な取り置き種群の植え付け作業という、培養研究にこそ極めて良く似たもの、であるとどうして気付かれないのでしょうか?
「新手のノアの箱舟かよ?」などと書いておられますが、「ノアの箱舟」の話の全体を単なるたわいも無い作り話と考えているのでなければ、それが、上のような実験室的作業が人間の登場したかなり近い時代になってもまだ、行われていたということの記憶として断片的に記録された物語かも知れないのであると、どうして気付かれないのでしょう?

2013年の半ばに例のスノーデン氏が「地球の上部マントル内に棲む地底人が存在する」と暴露していますが、その事の信憑性は彼の現在の立場から言っても、本当に何らかの確かな根拠が有るのでなければワザワザ公言する筈のないものなので、決して無視できません。
地中深くにそんなものが居るなどとは、確かににわかには信じがたいことなのですが、驚いたことに2012年の冬に、メキシコのポポカテペトル山の火口に飛び込んでゆく、直径が200メートル、長さが1000メートルもの、とんでもなく長大なUFOの映像が、メキシコの国営テレビ局の設置していた火口定点観測カメラに実際に捉えられ、その後暫くして同じ大きさの複数台の巨大UFOが今度は火口から続けて発進してゆく様子がまた、同じ定点観測カメラによって捉えられているのです。

これらの映像は、現在の人類にはとうてい製造不可能な、そうした超巨大な飛行装置を使って、何と、噴火中の火山の火口でさえもを自由に出入りすることの出来る、人類よりも遥かに進んだ技術を有している未知の知性体が、実際に地中深くや地球の周囲の宇宙空間に平然と実在していることのまさしく明確な証拠なのです。

人類の持っている、それも公認され公表されてる範囲の科学知識だけを以って、こうした事についての否定的な判断が簡単に出来ると考えるのは、もはや全く正しくないように思います。

何しろ地上のあらゆる一神教の宗教とは、人類以外の何物かによる「人類支配の道具」として広められており、現在も尚、地上の多くの人々の思考や生活のかなりを拘束し続けています。
それらの一神教の信者が神と呼んでいるものの正体が、人類以外の知性体であって、それが人類発祥よりももっと遥かに以前から、この地球という星の全体を、惑星サイズの生物実験場としてずっと使用し続けている・・・という空恐ろしい可能性は、十分に有ると私は考えています。

リンクを張った私のページに、是非いらして下さい。

  • 投稿者: うつぎれい
  • 2014/01/29(水) 00:26:48
  • [編集]

恐竜の絶滅原因

追記です。
暫くぶりに来て見たら、リンクを張って置いたつもりが、タイトルだけしか入れてなかったみたいです。

当方のページは以下にあります。

http://www.geocities.jp/netreal_bookbox/info/dinosaurs.htm

  • 投稿者: うつぎれい
  • 2014/12/07(日) 11:50:53
  • [編集]

JAXA かぐやの撮った月面に大量の知性体の痕跡が見付かります

また追伸です。 ( ここって私しか書いてませんねえ )

一ヶ月ほど前にグーグルアースの新機能である Google Moon というので、月の裏側にJAXAかぐやの撮った300キロ四方の高精細広範囲画像が1枚だけ貼り付けられてるのを見付けまして、これがグーグルアースと同じく相当なレベルまで拡大可能な表示になっていましたので系統的に細かく観察してみました処、仮想高度8000メートル以下にまでズーム機能で降下しての観察でだと大量の異形構造物や、月面の自然物としての陰影では全く説明のつかない異常な明るさの光体や光点が、凡そ数千ヶ所も見付かりました。これは以下のURLにあるガイダンス通りに見てゆけば誰でも見ることが出来ます。

http://www.geocities.jp/netreal_bookbox/utzugi/images/Alien_MoonBase_Catalog/SlideVewerV/images/slider/000s.htm

人類外知性体の稼働中と思われる施設が、月面上の一区画 ( 月面全体の約1/400 ) だけでもこれほど沢山存在する・・・ということは、それが地球の上部マントル内に棲むとスノーデン氏の言う地底人にしろ、或いは別の由来の宇宙人にしろ、地球や地上の生命体が、今も昔も、ずっと何らかの人類外知性体の干渉下に置かれてるということの、明白な証拠の一つのように思われます。

こちらの管理人さんの率直なご意見を、是非一度、お伺いしたいですので、メールアドレスも入れておきます。

それではまた。

  • 投稿者: うつぎれい
  • 2015/08/18(火) 18:39:42
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する