双頭のオオメジロザメ

  • 2013/03/30(土) 16:43:58

双頭のオオメジロザメ発見 米・フロリダ沖
自然界で初めて、双頭のオオメジロザメが発見された。フロリダ沖で捕獲された成魚の子宮の中から見つかったものだ。
 海洋科学者たちは、双頭のオオメジロザメの発見を正式に発表した。2011年4月7日に、フロリダキーズ沖で漁師たちが捕まえたものだ。
 双頭のオオメジロザメが自然界で見つかったのは今回が初めてだ。自然界では通常、双頭の生き物は生まれてすぐ死んでしまうためだ。この小さいサメは、漁師が切り開いた成魚のオオメジロザメの子宮の中で生きているのを発見された(サメの一部は、卵を体内で孵化させる胎生)。だが残念なことに、その後まもなく死んだ。
 ミシガン州立大学のマイケル・ワグナーらは今回の発見を正式に発表し、研究結果を『Journal of Fish Biology』の最新号に掲載した。磁気共鳴画像により、このサメには頭部、心臓、胃がそれぞれ2つずつあり、それ以外の部分は一体化し、臓器も共有されていることがわかった。
 オオメジロザメ以外の双頭のサメは、一般的とは言えないものの、これまでに確認された例がある。1934年の標本が発見された双頭のスープフィンシャークの胎児や、2年前に発見された双頭のヨシキリザメの胎児などだ。原因は遺伝子の突然変異や環境因子などが考えられる。
 メキシコ湾沖合にあったBP社の石油掘削施設「Deepwater Horizon」は2010年4月に大規模な原油流出事故を起こしているが、ワグナー氏は「どの原因についても、それを裏付ける証拠はない」と述べている。


双頭というとロバート・ハインラインの宇宙の孤児 (ハヤカワ文庫 SF 281)に登場したミュータントのジョウ=ジムを思い出すのだが、またぞろ誰かが福島第一の放射能のせいと言うのではないかと思っていたのだが、さすがにフロリダ沖は遠すぎたようだ。もし、これが南太平洋あたりで発見されたら、声高に叫ぶ輩が出てきたはずだ。
 アメリカが凄いのは既にこのようなB級映画が存在すること。日本ではこんな馬鹿な映画は撮らない。

ダブルヘッド・ジョーズ [DVD]ダブルヘッド・ジョーズ [DVD]
(2012/07/04)
カーメン・エレクトラ、チャーリー・オコンネル 他

商品詳細を見る
 
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する