雪男正体はヒグマ

  • 2012/07/18(水) 08:28:07

雪男正体はヒグマ
ヒマラヤの山岳地帯で現地調査を行ってきた、青森県弘前市の登山家、根深誠さん(65)が、ヒマラヤ雪男(イエティ)の正体を、チベットヒグマとする調査結果をまとめた本「イエティ」を出版した。
1951年、英国の探検隊は、撮影した未確認の動物の足跡から雪男の存在を発表。別の探検隊が、現地の言い伝えを基に想像図を描いた。東洋の神秘的なイメージも手伝い、爆発的に世界へと広まった。
 現地の民族はヒグマの存在を知らず、雪男の存在を信じていた。ヒグマが雪男の正体だと気付いていた登山家もいたが、「信仰を壊したくない」と公表しなかったという。根深さんは「これで伝説に終止符を打った」。

雪男=ヒグマ説は以前から言われてきているからなあ。まあこういう本が出版されて、いろいろ証拠を出して検証しても、ビリーバーの耳には念仏だろう。

イエティ ヒマラヤ最後の謎「雪男」の真実イエティ ヒマラヤ最後の謎「雪男」の真実
(2012/06/15)
根深 誠

商品詳細を見る
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する