元々は女性から始まったんですよ皇統は

  • 2005/11/30(水) 17:20:06

皇室典範改正勉強会 「Y染色体」の重要性指摘 男子皇族、代々受け継ぐ

超党派の保守系議員でつくる日本会議国会議員懇談会(平沼赳夫会長)は二十九日、国会内で皇室典範改正問題に関する第二回勉強会を開いた。この中で、父方の系統に天皇を持つ「男系」による皇位継承の重要性について、遺伝学の立場から説明する際に用いられる「Y染色体」理論をどう考えるべきかが取り上げられた。「男系でなければ血を継承できない」(八木秀次・高崎経済大助教授)一つの根拠とされる「Y染色体」とは何なのか。専門家の話を交えて検証した。
「男系の意味をどう理解するか。Y染色体で説明すれば国民の理解は進むのではないか」(自民党の石田真敏衆院議員)
「女性の立場からすると、Y染色体論はむしろ分かりにくい」(同党の稲田朋美衆院議員)
この日の勉強会では「Y染色体」をめぐって意見が割れ、講師の大原康男・国学院大教授が「それよりも男系で二千年間継続してきた重み、事実を考えなければならない」と引き取った。「Y染色体」については、「皇室が成し遂げているのは千数百年にもわたり、ほとんど同じ『Y』を受け継いだということ。われわれが直面しているのは、千数百年もの間純粋に受け継がれてきた『Y』を、いま絶えさせていいのかという問題だ」(動物行動学研究家の竹内久美子氏)など、重要性を指摘する向きもある。ただ、一般にはまだなじみが薄い。
専門家はどう見ているのか。同志社大ITEC(技術・企業・国際競争力研究センター)の蔵琢也研究員(進化生物学)によると、女子のXX型は遺伝子が混じり合うため、世代ごとに祖先の遺伝子が薄まっていくが、男子のXY型はY染色体が親から子へと完全な形で伝わる。
このため、蔵氏は「血のつながりとは、科学的に言えば遺伝子の共有率だ。男子皇族だけに代々受け継がれてきたY染色体は姓や家紋に似ているといえる。しかし、体の細胞に刻印されているという意味で、はるかに強い実体をもつ」と説明。さらに「皇室には、(初代)神武天皇以来、Y染色体という刻印が連綿と受け継がれてきた。国民や世界の人々はそれでこそ皇室の中に二千年の歴史の重みを感じる。女系相続は、過去と現在の遺伝的なつながりを断ち切るという意味で間違いだ」と話している。
【用語解説】Y染色体
人間の染色体(遺伝子の集まり)は46本あり、男性だけが持つY染色体は性別を左右する重要な役割を果たしている。Y染色体を持つ精子が受精すると男子が生まれ、X染色体を持つ精子が受精すると女子が生まれる。男性の性染色体はXY型で、女性はXX型。卵子と精子が交わり受精する際、Y染色体は相手のX染色体と遺伝子をほとんど交流しないが、X同士は遺伝子が混ざり合う。

 大体、神武天皇が実在したかどうか定かでないのに、「神武天皇以来、Y染色体という刻印が連綿と受け継がれてきた」なんて発言はナンセンスだし、継体天皇にしても応神天皇五世孫といっても、本当にそうなのかは明らかではない。継体天皇の出自は北陸だし、長い期間大和に入れなかったと言う事実からしても、Y染色体を異にする可能性が高い。
 また、皇極天皇は舒明天皇の后になる前に、高向王(王といっても皇族とは限らない)という人物と結婚していた過去があり、子供ももうけていた。この子供が天智天皇か天武天皇のどちらかだったら、すでに飛鳥時代に女系相続はなされてことになる。
 神武天皇よりも前に遡れば、天照大神にたどりつくわけだが、天照大神はいうまでもなく女神である。その女神の孫である瓊瓊杵尊が天下ったわけだから、元々は女系から始まっているのだ。
 

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「女性天皇問題」は歴史の知恵に学べ後篇

 昔、インスタントコーヒーのテレビコマーシャルで「違いが分かる男の」という宣伝文句があった。 これに茶々を入れたのがオーディオ評論家の故長岡鉄男。曰く、「違いの分かる男がなんでインスタント・コーヒーを飲むのか」 しかし、この疑問はある日氷解する。「この..

  • From: 悪の教典楽天市場店 |
  • 2005/12/08(木) 06:41:58

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する