ムー別冊 ムー・アーカイブ 世界を変える未知科学論3

  • 2010/03/20(土) 14:07:37

ムー別冊 ムー・アーカイブ 世界を変える未知科学論 2010年 04月号 [雑誌]ムー別冊 ムー・アーカイブ 世界を変える未知科学論 2010年 04月号 [雑誌]
(2010/03/09)
不明

商品詳細を見る

最後に「恐竜の種類は3分の1が幻だった!」。これの初出は2010年2月号。ドラコレックススティギモロクパキケファロサウルスが成長段階の違いで、同じものだったと言う例をあげているのだが、骨だけで分類しなければならない恐竜などの古生物はこういう事は起こりがちだと思うから仕方が無いのではないだろうか。現生の深海魚でも全く別の種類に分類されていたものが、DNAを調べたら、それぞれ、オス、メス、幼体だったということもあったのだから。同一だということで、消えるものもある反面、違うものだと判断されて、新たに新属として記載されるものもあることは書かれていない。マーシュコープの功名争いの頃ならいざ知らず、今は長い時間かけて研究されて記載されるので、そういういことは少なくなってきているのだが。不思議とセイスモサウルスのことには触れられていない。セイスモサウルスは2004年にディプロドクスと同属であるという説が発表されているのだが。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する