明日は我が身 東トルキスタンに思う

  • 2009/07/07(火) 06:52:10

中国ウルムチの暴動、市民ら140人死亡
中国新疆ウイグル自治区の区都ウルムチで5日発生したウイグル族による暴動で、新華社通信は6日、一般市民ら140人が死亡、少なくとも828人が負傷したと伝えた。
 当局発表で死者約20人を出した昨年3月のチベット暴動を上回る、近年では最大規模の民族衝突となった。
 AP通信によると同自治区西部のカシュガルでも6日午後、ウイグル族ら300人以上がデモを行った。暴動が広がる懸念もある。
 ウルムチ中心部に6日夕、記者(牧野田)が入った。自動小銃やこん棒を持つ数百人の武装警察部隊が通りに並び、遠巻きに見守る住民を威圧していた。「そこで立ち止まるな」という怒号が響くたびに、住民がびくっと振り返った。
 暴動は、5日深夜までに鎮圧されたが、タクシーなど車両計261台が放火されたほか、商店203店や住宅14棟も襲撃を受けた。
 中国中央テレビは6日、警官隊に石を投げつけて抵抗するウイグル族の暴徒や、頭から血を流して座り込む漢族市民の映像を繰り返し放映した。
 警察当局は暴動に関与したとして数百人のウイグル族住民を拘束した。
 一方、亡命ウイグル人組織「世界ウイグル会議」の日本代表は6日、新華社報道で同会議が暴動を扇動したと名指しされたことに関し、「作り話」と否定し、平和的デモに対し、当局側による無差別発砲があったとの見方を示した。
 広東省の工場で6月下旬、出稼ぎ中のウイグル族労働者が漢族に殴り殺される事件が発生、事件の処理に対する中国当局への不満が、今回の暴動に発展したものとみられる。

恐竜とは関係ないけど、東トルキスタンが酷いことになっています、新華社で140人が死亡ならば、本当の死者の数はいかばかりか、想像もつきません。
 東トルキスタンもチベット同様に中国共産党が不当に占有している地域です。チベット同様に民族浄化が行われウイグル族に対する弾圧が継続的に繰り返されています。東トルキスタン情報センターを見ていただければ詳しいことがわかります。
 チベットや東トルキスタンのことは人ごとではありません。もし台湾が抜かれるようなことがあれば、次は沖縄です。中共の学者の中には沖縄は清の属国だったから、中国の領土であるなんて論文を発表しているものもいます。チベットと同じですね。沖縄を占有できなかったのは、沖縄がアメリカの統治下にあって米軍が駐留していたからなんですね。憲法九条があったからではありません。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する