『恐竜“エックス”を探せ! ~ゴビ砂漠 発掘大作戦~』

  • 2009/07/03(金) 10:20:18

NHKの地球ドラマチックで『恐竜“エックス”を探せ! ~ゴビ砂漠 発掘大作戦~』が放送されました。これは珍しく韓国のMBC制作の恐竜ものでしたが、韓国らしい番組だと思いました。韓国で発見された恐竜の下半身の化石の正体を突き止めるために、世界中の恐竜の権威が集結する、これ笑っちゃいますね。韓国らしいですね。たぶん、真相はゴビ砂漠の発掘プロジェクトに韓国も参加したというところでしょうね。何でも自分たちが中心でなければ気が済まないという韓国らしいですね。
 恐竜エックスはプロトケラトプスの仲間と結論づけるのはいいんですが、そこからの展開が韓国らしい。恐竜エックスはプロトケラトプスよりも時代が古い、プロトケラトプスは角竜の祖先、故にプロトケラトプスより古いエックスは角竜の起源、トリケラトプスの起源は韓国というお得意の起源病です。
 プロトケラトプスは角竜の元祖などではなく、より古いアーケオケラトプスなどが発見されているから、この論理はなりたたないと思うのですが。

5月の朝鮮日報に次のような記事があったようです。
韓国は「恐竜の天国」だったのか
2007年には韓国で初めて、足の指が2本ある肉食恐竜の足跡の化石が慶尚南道南海郡で発見された。
これは世界でも4番目のことだ。また、昨年は京畿道華城市の始華湖で、角を持つ草食恐竜・
プロトケラトプスの下半身の骨が発見された。1972年、慶北大の梁承栄(ヤン・スンヨン)名誉教授が、
慶尚南道河東郡で初めて恐竜の化石を発見して以来、これまでに韓国で発見された化石は約6000種類に上る。

82年に恐竜の足跡の化石が1800個も発見された固城郡は、米国のコロラド州、アルゼンチン西部の
海岸地帯と共に、世界的に恐竜の足跡の化石が多く発見される地域として知られている。
また、慶尚南道馬山市・晋州市・咸安郡、慶尚北道義城郡、蔚山市蔚州郡、全羅南道海南郡・
和順郡・宝城郡などでも足跡の化石が発見されている。

「プギョンゴ・サウルス(千年釜慶竜)」や「ヘナミクヌス」など、世界で初めて韓国で化石が発見された恐竜もある。
この発掘は特に、中生代(2億2500万-6500万年前)の白亜紀(1億4000万-6500万年前)に、
韓半島(朝鮮半島)に恐竜が住んでいたということを示すれっきとした証拠となった。

ということは、1億年前の韓半島は恐竜たちの天国だったのだろうか。

韓国恐竜研究センターの所長を務める全南大の許民(ホ・ミン)教授は、「恐竜時代の最後の楽園が
まさに韓半島だった」と話す。中生代の後期である白亜紀は、世界的に火山の噴火が相次ぎ、
地球上の温度が上昇し、炭素を多く含む大気がオゾン層を脅かす状況だった。これは恐竜たちに
とって住みにくい環境を形成する要素となった。

だが、許教授によると、「モンゴルのゴビ砂漠から中国の一部、韓半島にかけての地域は水や食べ物が豊富で、
恐竜が住みやすい環境だった」という。この時期、北米や欧州ではあまり発見されていない竜脚下目の化石が、
韓半島では多く発見されていることが、その証拠だというわけだ。

しかし一方で、当時の韓半島が唯一の「恐竜の天国」だったと考えるのは無理がある、という見解もある。
韓国地質資源研究院の李隆濫(イ・ユンナム)博士は「南極でも化石が発見されるほど、中生代には
恐竜が広く分布していた。韓国では慶尚南・北道、全羅北道、忠清南道公州市、忠清北道陰城郡などで、
中生代の地層が広く分布しており、恐竜の化石が発見される可能性が相対的に高い」と話している。

足跡の化石に比べ、完全な形の骨の化石があまり発見されていないというのも、韓国で発掘される
恐竜の特徴の一つだ。それはなぜだろうか。李隆濫博士は「韓国では、恐竜の全身の骨が出土している
モンゴルや中国、北米などのように、地層が露出している場所が少なく、地層の大部分が森林で
覆われているためだ」と説明した。

さらに中生代以降の地殻変動により、固まった地層も多いため、化石の発掘は容易ではないという。
足跡の化石が海岸で発見されるのは、波が土を削り、古代の地層が現れるためだ。
許民教授は「足跡の化石が“恐竜の遊び場”だとすれば、骨の化石は“恐竜の墓”だと言えるが、
韓国では後者を探すのが難しい環境にある」と話している。

すごいですねえ。恐竜の化石が少し発見されただけで、恐竜の楽園と言ってしまう神経は。
「足跡の化石が“恐竜の遊び場”だとすれば、骨の化石は“恐竜の墓”だと言えるが、韓国では後者を探すのが難しい環境にある」という発言も科学者のものとは信じられないですねえ。
 6000種類って翻訳の間違いなのか、元々そういう表現なのか、6000点というのが正しいのでは。でもそれにしては記載されたものがないですね。千年釜慶竜(Pukyongsaurus millenniumi)というやつが、記載されたようなことを韓国の報道機関は伝えているけれど、ググって見ても出てくるのは韓国発の記事ばかりです。クリーブランド自然史博物館が発行する世界恐竜目録にも認定された、という記事もあるけれど、世界恐竜目録って一体何のことなんだろう。クリーブランド自然史博物館のサイトへ行ったけれど、よくわからなかったです。一博物館のリストがそんなに権威があるものなのだろうか。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

  • 投稿者: 履歴書の書き方の見本
  • 2014/06/03(火) 10:21:16
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する