ペットを飼う資格審査をせよ

  • 2009/06/06(土) 18:28:10

犬猫引き取り有料化、次々 処分数ワースト1の福岡
 犬猫の殺処分数が3年連続で全国ワースト1という不名誉な記録を持つ福岡県で、犬や猫の引き取りを担う県、福岡市、北九州市が、飼い主からの引き取りを10月から有料化する。既に有料化したほかの県などでは目に見えるような効果は上がっていないが、「安易な持ち込みを思いとどまるきっかけになれば」という願いを込めている。
 「かみつく」「鳴き声がうるさい」「引っ越しで飼えなくなった」
 福岡市東部動物管理センター(東区)には、こんな理由で犬や猫を連れて来る人が後を絶たない。飼える人を探すよう職員が説得すると「もう十分探した」とむっとする人も。「気性が荒いのは飼い主のしつけの問題。住宅事情や動物の高齢化など、飼う前からわかっている問題も多い」と担当者。
 動物病院で安楽死させるよう頼んでも、連れて帰る人はほとんどいない。「センターで処理すれば飼い主は苦しむところを見ずにすむが、見知らぬ場所で最期を迎える動物はあまりにかわいそう」と担当者は顔を曇らせる。
 動物保護団体・地球生物会議(東京)の全国の自治体へのアンケートでは、福岡県内の07年度の犬猫殺処分数は犬が4891匹、猫が1万1465匹の計1万6356匹で、3年連続全国ワースト1だった。福岡県保健衛生課によると、殺処分された犬の4~5割、猫の約6割が飼い主による持ち込みという。
 県と福岡市、北九州市は10月から、成犬、成猫は1匹2千円、子犬、子猫が1匹400円の手数料を徴収することにした。ほかに同様の業務を担っている久留米市と大牟田市も有料化を検討しているという。福岡県の担当者は「飼い主に責任を持ってもらい、一つでも多くの命を救いたい」と話す。
 ただ、効果がどれくらいあるかはわからない。有料化は鹿児島県や熊本県などが既に始めているが、目立った変化はない。昨年10月に始めた佐賀県では、猫の引き取り数に変化はないが、犬は減っているという。(明楽麻子、仲村和代)

出口を強化してもあまり意味がないような気がする、殺処分は減少するかもしれないけれど、その分、野良が増えるだけだ。入り口を強化して安易な姿勢でペットを飼えないようにした方が良いと思う。ペットを飼える資格審査のようなものを実施したらいい。ペットを飼うにはそれなりの覚悟をもってもらわないとペットも不幸になるだけだ。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

相互リンクお願い

突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/health-controller/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/health-controller/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
hPq9r2EV

  • 投稿者: sirube
  • 2009/06/07(日) 00:36:27
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する