地球美紗樹と首長竜とファンタジー

  • 2009/03/14(土) 17:48:26

地球美紗樹 (1) (角川コミックス・エース)地球美紗樹 (1) (角川コミックス・エース)
(2001/05)
岩原 裕二

商品詳細を見る

こんな漫画を見つけました。「あなたの心に「あたたかさ」をお届けします。
ある雪国でのお話。14歳の少女・牧嶋美紗樹は、森の中の湖で、キスで変身する不思議な首長竜と出会う。「ニオ」と名付けて家に連れ帰るが…!?」
この種のファンタジーって結構好きです。実は首長竜の正体はXXXなんですけど(物語のキモの部分なので書けません)、この種の設定も好きだったりします。
この漫画の舞台になっている穂幌町って、ホベツアラキリュウが発見された穂別町かしらと思い、地図を見てみたけど、穂別町には湖なんかないようだし、それよりも何よりも穂別町と言う地名がなくなっていた。平成の大合併でむかわ町になってしまったらしい。首長竜の化石が発見された旧穂別町とクッシーで有名な屈斜路湖をミックスしたものなんだろう。
 先日、「のび太の恐竜2006」を見たのだけれど、不覚にもうるうるしてしまった。故景山民夫の「遠い海から来たCoo」も首長竜が出てくるファンタジーだし。首長竜とファンタジーと合うのかしら。
 マイナーだけれど1980年代前半に活動していた早坂未紀の「麻衣子!」にも首長竜が出てくる話があって好きだったな。ちなみに早坂未紀は男性です。どこかのオカルトライター兼漫画家の人が知ったかぶりをして早坂未紀女史と書いていたのには笑いましたが。漫画の大部分(数百冊あった)は処分してしまったので「麻衣子!」のシリーズが手元にあるかどうかわからないけれど、もしあったらまた読みたいなあ。早坂未紀については早坂未紀の世界を見てくださいませ。
 
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する