未確認動物学!

  • 2009/01/26(月) 13:27:50

未確認生物学!(ナレッジエンタ読本13) (ナレッジエンタ読本)未確認生物学!(ナレッジエンタ読本13) (ナレッジエンタ読本)
(2008/11/20)
天野ミチヒロ(UMA研究家)×武村政春(分子生物学者)

商品詳細を見る

 天野ミチヒロという人は、UMAについて発言したり、書いたりしている人の中で、最も評価できるのではないかと思っている。現地取材もしているし、最早、真相が判明したり、正体が分かっているものは、きちんと事実を書くからだ。他の人は真相を書けば飯の食い上げになると思っているのか、絶対に書かない。
 この本はそんな天野ミチヒロが分子生物学者の武村政春と対談したものだ。ネッシー、イエティ、アルマス、ツチノコ、モケーレ・ムベンベ、スカイフィッシュ、チュパカブラが俎上に載っている。
 武村の発言で印象に残った言葉に『UMA好きの皆さんはどうして「まったく新しい種が存在するのかもしれない」と考えないのでしょう』というのがある。まさにその通りで、絶滅した種が残存していると考えるから、亜空間だの地底世界だのノアの方舟だの地球の歴史は古くないだの、妙ちきりんな理屈を屁理屈を持ち出してこなければならないのだ。生物は進化していくのだから、新しい種が誕生しても全然不思議ではない。(おっと、進化を認めていない人もいたっけ)
UMAというものを考え直すには大変いい本だと思う。この本がきっかけで、日本のUMA研究がオカルトから科学になればいいなあと思う。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する