未確認飛行物体は未確認飛行物体

  • 2009/01/24(土) 06:37:43

「いぶき」関係のブログを見ていたら、こんな記事を見つけました。相模湾沖に目撃情報 未確認飛行物体はUFOか?
昨年10月中旬ころから相模湾沖で数件の未確認飛行物体の目撃情報が寄せられている。それぞれの情報を照合すると、かなりの確度で「UFOに近い」飛行物体という結論が出てくるのだが…。

 「横須賀、逗子、湘南方面の相模湾沖は未確認飛行物体の目撃情報が非常に多い地域です。しかし、この地域での目撃情報は、にわかに受け入れられない事情がある。この一帯には自衛隊やアメリカ空軍の基地がいくつかあり、それら軍事関係の飛行訓練地域でもある。目撃情報はそれらの訓練飛行のものも多く、真偽の判別が難しい。情報として精度の高いもの以外は取り扱えないというのが現状です」
 そう話すのは、某UFO研究家。相模湾上空には一般人が想像する以上に、多くの飛行機が行き来しているのである。しかし、防衛省関係者は違う見方をする。
 「確かに、月に何度かスクランブル発進はあります。その多くはある意味『よくある事』が理由。ただ、その内の何度かはごく一部にしか知らされていないスクランブルもあります」

 空軍のスクランブル発進の多くは、一般飛行機が航路を外れ警戒区域に侵入した時に指令が出されることが多い。実際には離陸しないうちに解除されるスクランブル待機を含めれば、頻繁にあり特別驚く事態ではないという。しかし、目撃情報が寄せられたケースと重なったとき、ベテラン整備士が思わず首を捻る消耗がスクランブル発進から戻ってきた機体にベテラン整備士が首をひねるような消耗(しょうもう)の跡を確認することがあったという。
 「あまり詮索(せんさく)はしませんが、何かあったことは確かです」(前出・防衛省関係者)

 未確認飛行物体の目撃情報と謎のスクランブル発進の怪。相模湾上空で何かが起きつつあるという予想はあながち突飛なものではなさそうなのだが…。しかし、先のUFO研究家が口にしたのは意外な「推測」だった。
 「UFOの可能性は否定できません。仮定の話なら米軍が開発した、UFOに近い新たな機体ということもありえます。日本の財閥系重工業メーカーが極秘に開発している戦闘機の可能性も否定できません。相模湾は湾奥が深く、しかも山に囲まれている立地条件からこのような実験に使われることが少なくないのです。未確認飛行物体が他の惑星の生命体、UFOだと判断するには慎重な作業が必要ですが…」
 NMR読者からの1枚の写真も「UFOの可能性が高い」というお茶を濁すに等しい結論にせざるをえなかった。
 多数の目撃情報が寄せられる相模湾上空。いつもは穏やかなその上空に、各国の思惑と人智を超えた謎が大きな雲となり広がっているのは確かといえる。

内外タイムスという地方夕刊紙の記事なんですが、未確認飛行物体とUFOって意味が同じなんで、当然、未確認飛行物体はUFOなんですね。UFOは「Unidentified Flying Object」を略したもので、和訳すれば未確認飛行物体になります。エイリアンクラフトのことをUFOと呼ぶ例も多々ありますが、宇宙人が乗っているかどうか分からないのに、エイリアンクラフト扱いするのもどうかと思いますけど。SF的な解釈だと、未来からやって来たタイムマシンであるかもしれないし、異次元からの来訪者かもしれないし、平行宇宙からやって来たのかもしれない。空を飛んでいる正体が分からないものは全てUFOなんですよ。そしてUFOかどうかは、目撃者の知識や経験などで違ってくるんです。たとえば、航空関係者だと、当然飛行機に関する知識や経験はあるわけですから、飛行機を誤認する可能性は低くなるわけですね。一般人が見ればUFOであっても、航空関係者が見れば一目で飛行機と判断できるわけです。でも、航空関係者であっても、空中にある全てのものに精通しているわけではなく、星を誤認したような例もあるわけです。
この記事を掲載している内外タイムス自体も胡散臭いですねえ。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する