「クローン恐竜は安全」 アメリカ食品医薬品安全局の作業部会

  • 2009/01/20(火) 15:04:31

「クローン恐竜は安全」 アメリカ食品医薬品安全局の作業部会
クローン
アメリカ食品医薬品安全局の作業部会(座長=モーゼス・ベン・ヨハイ・ノースウェストユタ大学薬学総合研究所所長)は19日、同じ遺伝子を持つ動物を作り出す体細胞クローン技術で生まれた恐竜について「通常の恐竜と安全性は変わらない」とする評価書をまとめた。なお上部組織で議論を続けるが、クローン動物が食品として流通を認められる可能性が高まった。消費者の抵抗感も予想され、流通を巡って議論を呼びそうだ。

 体細胞クローン技術は同じ遺伝子を持った動物をコピーして大量に生み出す技術。肉質の高い家畜などを大量に複製して生産できるとして畜産業への応用が期待されている。2008年9月末の時点で米国内では軍関係の研究機関などで累計でティラノサウルスが557頭、トリケラトプスが335頭作られたが、出荷はされていない。

 作業部会では体細胞クローン動物について調べた国内外235件の論文や文献を調べた結果、「食べても危険は特にない」と結論づけた。クローン恐竜の子孫も同様と考えられるという。(画像はクローン技術で生み出されたティラノサウルス)
フィクションです

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する