HDD

  • 2009/01/18(日) 06:33:52

1TBのハードディスクを購入した。11000円ちょっと。一番最初に外付ハードディスクを買った時には500MBで30000円を超えていたと記憶しているから、無茶苦茶コストパフォーマンスがよくなったことになる。まだUSBなど無くて、インターフェイスはSCSIだった。当時使っていたPerforma575の内蔵HDDが180MBだったこともあり、凄く広大なスペースに思えたものだ。保存するデータもせいぜい数百KBの画像やテキストファイルやMIDIデータだったから、それでも十分だった。外部記録メディアの主流はフロッピーディスクで、50枚、100枚単位でまとめ買いをしていた。フォーマット済みのフロッピーディスクは何故かMac用は高くて、DOSフォーマットされたものを初期化していた。
今まで何台のハードディスクを壊して来たのだろう。10台ぐらいだろうか。ハードディスクは消耗品だとはよく言われることだが、価格が3万も4万もしていたころには、抵抗感があった。
だが、これだけ安くなると消耗品だという事が実感出来る。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する