疑似科学

  • 2008/08/04(月) 18:28:05

マリオ・ブンゲによる疑似科学のチェックリスト
* その理論は融通性に乏しく、一般的に新たな研究の妨げとなる。
* 一般に支持者は研究していない信奉者からなる。
* 場合によっては、商業的な関心から支持を得ていることもある。
* 疑似科学の現象のほとんどは信奉者にしか証明できず、その多くが超自然的な効果をほのめかす。
* 拠りどころとする議論の多くは時代遅れだったり、信頼できない文献から引用されるか、証明不可能である。そうした立論には明確さと首尾一貫性が欠けている。
* 数学が使われることはめったになく、論理的な議論も欠けている場合が多い。
* 主張される現象の多くは非常に古くからあるものだが、そのアイディアにはほとんど、あるいはまったく進展が見られない。(これとは対照的に、科学の本流では知識が累積されていく)
* 好ましくないデータはその方が数の上でははるかに勝っている場合でも、隠蔽したり歪曲してしまう。

 マーティン・ガードナーによる疑似科学者の偏執的特徴
* 自分を天才だと考えている。
* 周りの連中は例外なく大馬鹿者ばかりだと考えている。
* 自分は不当にも迫害され差別されていると考えている。
* もっとも偉大な科学者や理論を特に攻撃したいという強迫観念がある。
* 複雑な専門用語を使う傾向があるが、多くの場合、自分が勝手に創作した用語や表現を多用する。

 何か凄いね。当てはまりすぎて(笑) 某氏

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する