イエティ(雪男)か? 謎の毛髪、DNA鑑定へ

  • 2008/07/29(火) 06:16:30

イエティ(雪男)か? 謎の毛髪、DNA鑑定へ
【ロンドン 7月28日 IANS】数々の目撃証言があるにもかかわらず、その存在が確認できないため未確認動物(UMA)として扱われてきたイエティ(訳注:日本では雪男とも呼ばれる)―そのイエティのものと考えられている毛髪について、科学者らがDNA鑑定を行うという。一風変わったニュースを配信するサイト「Newslite」が伝えた。
 イエティの存在を信じるある人物がインド北東部の密林地帯で収集したとされる「イエティの毛髪」。英オックスフォード・ブルックス大学の専門家による初期鑑定では、これまでに知られているどの動物のものとも一致しないとされているという。ヒマラヤ地域およびインド北東部での目撃が報告されている未確認動物の毛髪である可能性が高いと大学関係者は見ているようだ。
 また、同大学・霊長類学研究室の関係者によると、今回鑑定対象となっている毛髪とニュージーランドの登山家・冒険家エドモンド・ヒラリー氏により収集された毛髪には数多くの類似点が見られるという。ヒラリー氏は世界で初めて世界最高峰エベレスト(チョモランマ)の登頂に成功したことで知られている。
 インド・メガラヤ州のガロ・ヒルズ周辺では、身長約3メートル・黒と灰色の類人猿のような生物がたびたび目撃されている。(c)IANS

イエティ
 ヒラリー卿が収集した毛髪については、
・大きなイエティ「チュッテー」のものとされた毛や糞はヒグマ。
・中くらいのイエティ「ミッテー」の毛と糞についてはカモシカ。
・小さなイエティ「テルマー」の毛と糞はアカゲザル。
という分析結果がでているので、この毛髪も同じようなものである確率が高い。ヒラリー卿の名前を出すことによって、信憑度を高めようとするオカルトによくある手法だが、分析結果が出ていることまでは考慮しなかったらしい。現在はイエティ=ヒグマ説が有力である。
 

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する