エドガー・ミッチェルはオカルト側の人

  • 2008/07/28(月) 08:15:29

政府は宇宙人の存在を隠ぺい?=元NASA飛行士が「証言」
【ニューヨーク25日時事】米航空宇宙局(NASA)の元宇宙飛行士が英国の音楽専門ラジオ局のインタビューで、政府は宇宙人の存在を隠ぺいしていると発言。米英メディアが相次いで報じる騒ぎに発展した。
 この元宇宙飛行士は、1971年に打ち上げられたアポロ14号の元乗組員エドガー・ミッチェル氏(77)。
 同氏は23日の放送で、政府は過去60年近くにわたり宇宙人の存在を隠してきたが、「われわれのうちの何人かは一部情報について説明を受ける幸運に浴した」と説明。宇宙人は「奇妙で小さな人々」と呼ばれているなどと語った。
 見出しを見ただけで元宇宙飛行士というのが誰か分かるくらい、エドガー・ミッチェルという人はその筋では有名な人。超常現象の研究に傾倒していて、元宇宙飛行士という肩書きはあるものの、立場的にはオカルト側の人。そのミッチェルがこういう発言をしたからって驚くに値しない。この場合宇宙飛行士と肩書きが重要。同じことはたま出版の韮沢社長も言い続けているのだが、韮沢社長の場合は失笑にしかならないが、ミッチェルの場合は大騒ぎになるのは元宇宙飛行士という肩書きゆえのこと。とはいえ一宇宙飛行士が政府が60年も隠蔽し続ける極秘情報にアクセスできるとは思えない。宇宙飛行士など一兵卒に過ぎないわけだし。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する