偽恐竜学権威

  • 2004/11/21(日) 10:39:31

20041121103738.jpg

 恐竜倶楽部の会報『DINO』の「津軽通信員レポート」で福田芳生についての言及がありました。みんな思っていたんですね。糞野郎って。データハウスから出ている(出ていた?)「大恐竜王国」なんて酷いもの。海外の論文や書籍などに掲載されていた図版を引き写しただけだもの。それも、元の図版より明らかに劣化してる。
 オカルト系の雑誌、書籍、テレビ番組に、恐竜学の権威として登場し、オカルト側に迎合するような発言を繰り返すのも問題だ。最近では、8月に放送されたフジ系「アンビリーバボー」に出演し、恐竜と人類が共存していてもおかしくないという趣旨の番組に迎合する発言をしていた。古生物学会で研究成果を発表したこともあるのに、学者としての良心を疑いたくなる。まあ、そんな物があれば、まずそういった場には登場しないはね。
 元々は古生物学者ではないでしょう。学位だって医学博士のはず。勤務先の電子顕微鏡を使って、恐竜の化石を観察しただけの人でしょう。とんちんかん発言もしゃーないといえばしゃーないのだけどね。オカルト系の恐竜本と並び、彼の著作もraptor認定の読んではいけない恐竜本の指定になっています。どのぐらい酷いか図書館で借りて読んでみるのも一興とは思うが、間違ってもお金を出して買ってはいけません。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する