三上悠亜活動再開と卒業後の活動

  • 2015/11/17(火) 10:51:53

元SKE48の鬼頭桃菜が三上悠亜に改名して、MUTEKIからAVをリリースして以来、台湾のテレビ番組に出演したという話は伝わっていたが、それ以外にはなんの音沙汰もなく、1作品だけでフェードアウトしていくのではとも思われていた。しかし、11/13に突然、三上悠亜名義のアカウントでTwitterを開始、併せてオフィシャルサイトも開設された。12/18に双葉社より写真集がリリースされることも明らかになり、FRIDAYにはパブリシティのためのグラビアが掲載された。Twitterではまだお知らせしたいことがたくさんあるとツィートしているが、多分、これはレーベルを移籍してのAV復帰のことだろう。基本的にMUTEKIは2~3作で他のレーベルに移籍するのが定番コースになっている。
レーベル移籍をしたら、待っているのが本番解禁。AKBGでの先輩になる逢坂はるな(成瀬理沙)と同様のコースをたどることになる。
アホなアンチはSKEに復讐するためにAVに出たなんて言っているが、SKEに在籍していたから、オファーもあったわけだし、そんな気持ちだったら、SKEメンバーとのバーベキュー会にも参加したりしないだろう(メンバーに毒でも盛るなら別だが)。復讐するためだったら、暴露でもしたほうが手っ取り早いけどねえ。いつめん事件(当時、KⅡの正規メンバーだった鬼頭を含む4人がルール違反をしたということで、研究生に降格になった件。ネット上にはいろいろな臆測が流れているが、真相は未だに藪のなか)のことなんかを喋れば、アンチSKEはすぐに飛びつく。
SKEには変な縛りとかないので、SKEの残像が残っているうちに次の仕事に進める。これはAVに限った話ではなく、元SKEという肩書きを利用できる。某グループのように2年も縛られると元という肩書きがなんの効力も発揮しなくなるし、使う側からすれば旬ではなくなる(有り体に言えば、歳をとる)ので、使いづらい。
うちからはAV女優は出ていないと誇らしげにいうけれど、結局は使う側からしたら魅力がないだけ。
最近はマスカッツの例もあるように、AV女優がゴールデンの電波に乗ることも可能な時代だから、どこで何が化けるか分からないよなあ。
アンチはなにかと桃菜のことを引っ張り出すけれど、こあみとかかなちゃんのように成功しつつあるメンバーにはだんまりだよねえ。しゃわこも声優としてがんばっているし、姉さんもローカルタレントとしての地位を確立しつつあるしね。くーみんも芸能界復帰(まあ、これに関してはグダグダ叩く奴はいるけれど、雑誌のインタビューでまたやりたくなったら、芸能界に戻る可能性はあると明言しているから)だしね。