ジュラシックワールド

  • 2015/06/20(土) 10:45:40

ジュラシックワールドの何がいけないと言うと、やはり、続編というにはあまりに時間が空き過ぎたことだろう。14年という時間は長い。その間に恐竜学はどんどん進歩して行き、ジュラシックパークの時には、最新と言われた恐竜像もすっかり変わってしまった。最も大きなことは羽毛だろう。一部の恐竜に羽毛があったことは、一般人の間でさえ常識になったことだけれど、ジュラシックワールドには羽毛恐竜は登場しない。それは1990年代の最新の情報に基づいて描かれた恐竜が出てくる作品の続編だからだ。ティラノサウルスやラプターに羽毛を生やすのは容易いことだと思う。けれど、それをやったら、前3作との整合性が取れなくなってしまう。続編として、世界観を共有している以上、時代遅れと言われてもそれはできないことだと思う。
遺伝子操作によって生まれたハイブリッドのインドミナス・レックスはゴジラ映画で言うところのキングギドラだろうか?ゴジラは、もちろん、図らずも人間の味方になって、インドミナスと死闘を繰り広げるT-REX。人間の指示を受けるように訓練されて、人間を助けるラプターはモスラのように思える。