フロリダのビーチに謎の「巨大な目玉」が打ち上げられ話題に

  • 2012/10/16(火) 09:26:24

フロリダのビーチに謎の「巨大な目玉」が打ち上げられ話題に
 海岸で見かける物と言えば、貝殻や海藻が一般的。しばしば座礁したクジラやイルカなどが発見されることもあるが、こんなものを見つけたことがある人はなかなかいないだろう。
米フロリダ州のポンパノビーチで発見されたのは、青い巨大な目玉。ビーチを散歩していたある男性が見つけたのだが、奇妙なことに、落ちていたのはこの目玉ひとつだけで他には何もなかったというのだ。
 目玉は、大人の両手にちょうど収まるほどの大きさ。発見した男性がフロリダ州の野生生物保護局(FWC)に連絡を取ったところ、当局はこの目玉を詳しく調べることを決めて引き取っていったという。
 FWCの担当者によると、「体の他の部位がまったく見つからず、目玉のみが単独で発見されるというのは非常に珍しいことです」とのこと。現在のところは調査中であり、どの生物のものなのかを特定するまでにはしばらく時間がかかるとみられている。
 調査の行方が気になるところだが、それにしてもこのサイズといい色といい、なんとも奇妙である。目玉をひとつ失った生物は一体どこへ行ってしまったのだろうか……。

 まあどう見ても魚の目に見えるけれども、マグロとかカジキじゃないかと想像していたところ、A closer look at that freaky, giant fish eyeでメカジキだったということが伝えられた。オカルト系のUMA界隈では、最初の発見の記事だけが引用されて、正体判明の記事は無視されて、正体不明の謎の巨大な眼球のままで、いろいろ話が盛られて「古代魚」の目になったり、「魚竜」の目になったりするんだろうな。
漁師が捨てたものと推測されているけれど、DHA(ドコサヘキサエン酸が多く含まれていて体に良かったのに。でも最近は、一時期ほどDHAが連呼されることはなくなったような気がする。こういったものにも流行り廃りがあるんだなあ

スポンサーサイト

続きを読む