7千万年前の化石に軟組織 北米のティラノサウルス

  • 2005/03/27(日) 11:38:49

7千万年前の化石に軟組織 北米のティラノサウルス
Preserved soft tissue could reveal inner workings of dinosaur bones.
 発見者は以前、T-rexの骨細胞から、赤血球由来と思われる鉄成分を発見したとされたメアリー・シュバイツアー、確かに骨にも血管は通っているから、石化の進んでいないものだったら、取り出せる可能性はあるのだが。以前の血液由来の鉄分に関しては、うやむやになってしまった感じがあるけれど、今回はどうなのだろうか。
 確かセイズモサウルス(ディプロドクスになったんだっけ)の化石も石化が進んでいなかったから、次はこれをやってみてほしい。
 また、恐竜と人類が共存していたと主張する輩が、根拠として使いそうですね。血液由来の鉄分も、鉄分というところを端折って、赤血球が発見されたとして、有力な根拠の一つにしていたから。rex.jpg

スポンサーサイト