恐竜を掘ろう

  • 2014/06/09(月) 15:34:40

大和田伸也監督の「恐竜を掘ろう」を見た。本当のところ、こんなタイトルの映画が作られていたことを全く知らなかったのだが、よくよく思い出してみると、大和田伸也がPRの為に、バラエティ番組に出てたような気もする。
まあ、福井県出身の大和田伸也が福井県を舞台に映画を撮るから、恐竜ということになっただけで、特に恐竜が重要な役割を果たすわけでもなし、恐竜好きといえども、別に見る必要もない映画だと思う。

スポンサーサイト

Ice Road Terror

  • 2012/12/04(火) 21:50:01

がちゃがちゃググっていたら、こんな画像を見つけた。
Ice Road Terror1 
Ice Road Terrorというタイトルの元々はテレビ映画らしい。(IMDbのIce Road Terrorに飛びます)雪原を疾走する雪上車を追いかけるT-Rexなんてかっこいいぞと思って、いろいろ調べてみると、実際のキャプチャ画像を見つけたそれがこれ
ice 全然T-Rexとは似ても似つかないトカゲ型のモンスターじゃねえか
日本でもザ・アイスというタイトルでDVDが売られているようだ。こちらのパケは恐竜は描かれていない。

ザ・アイス [DVD]ザ・アイス [DVD]
(2011/09/02)
ディラン・ニール

商品詳細を見る

骨に襲われても、あまり恐怖を感じないんだけど

  • 2012/01/13(金) 10:50:47

タイム・パニック [DVD]タイム・パニック [DVD]
(2011/10/07)
スティーヴン・ブランド、カースティ・ミッチェル 他

商品詳細を見る

 現代に蘇った恐竜が人間を襲い、パニックが起きるというよくある話なんだけど、他の恐竜パニック映画と違うのは、恐竜が骨のままだということ。骨のままのティラノサウルスに追いかけられている姿は、滑稽であまり恐怖は感じないし、プテラノドンに到っては骨のまま空を飛んでしまう(笑)。他の恐竜パニック映画のように、クローン恐竜でもなければ、氷漬けの恐竜が蘇るのでもなければ、時空の歪から恐竜が飛び出してくるわけでもなく、ネイティブアメリカンの祈祷の儀式によって、博物館の恐竜の化石に古代の精霊が乗り移って動いているのだから、なんでもありなんだろう。
 邦題は「タイム・パニック」なんだけれど、原題は「TRIASSIC ATTACK」というよくわからんもの。どこが三畳紀なんだよーというクレームをつけたくなりますねえ。
 今までに何本か恐竜映画を紹介しているけれど、どれもB級以下なんだよねえ。ほとんどが低予算映画だったりする。ジュラシックパークの頃とは違って、技術の進歩で、CGも手軽に使えたりするからなあ。
 
 2007年に日本各地で開催された恐竜展「恐竜大陸」の図録の表紙には骨のままで飛ぶプテラノドンが描かれていたりします。この表紙はこの「タイム・パニック」を先取りしていたのか (笑)。